2009年03月09日

マジで、宇宙系〜な感じ〜

出町です。

 週末に、NHKスペシャル「宇宙飛行士はこうして生まれた 〜密着・最終選抜試験〜」やってましたね。僕はただ一点、我がルッコラー博士を押し退け合格した10人がどんな輩かを確認したかったので観ました。観た感想は、クローズアップされた2人が魅力的ではなかったのでノペーとした感じの番組で面白くは感じられませんでした。
がしかし、選ばれた10人はそれぞれ優秀な経歴の人ばかりで凄いなぁと関心もしましたんですが、正直ルッコラー博士がこの中にいても遜色ない様にも感じたのは僕だけではないはずです。

不況だと言えど、夢を諦めてはいけないという事を改めて感じました。でも、僕は疲れているので一休み一休みです。




NHK総合テレビ

■NHKスペシャル|宇宙飛行士はこうして生まれた 〜密着・最終選抜試験〜
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090308.html



posted by すかんぴんプロジェクト at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

「おくりびと」と日テレプロレス中継終了

出町です。
「おくりびと」オスカーおめでとうございます。
あのテーマで描かれた日本映画がアメリカでも評価されたことに喜びを感じます。また、プロレス映画「レスラー」のミッキーロークが主演男優賞取れなかったことが残念でした。

そしてもうひとつ残念なニュースは、

「プロレス中継を終了=55年の歴史に幕−日本テレビ」

日本プロレス→全日本プロレス→プロレスリングノアと55年間、つまり日テレの歴史と共に歩んできたプロレス中継が時代の流れと共に視聴率主義の中でその存在感を示せず終了。
仕方ないと言えば仕方ないのですが、元プロレスファンとしては寂しい限りです。
posted by すかんぴんプロジェクト at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★ 告知 ★★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

飲んでも飲まれるな!!

出町です。

この間、郵政民営化を巡る麻生太郎首相の一連の発言について「怒るというよりも、笑っちゃうぐらい、ただただあきれている」と厳しく批判した小泉元首相ですが、中川大臣の酩酊記者会見の方はいかがなものなんでしょうか?
私は、こんな奴に財務大臣なんてやらせるのは納得できませんね。
それに比べて小渕少子化担当大臣なんて仕事の鬼です。モーレツ仕事人ですよ!!ホント素晴らしいとしかいいようがありません。だってこの世知辛い世の中で二人目ご懐妊ですよ!!自ら少子化打倒の為に昼も夜も頑張ってるんです。寝る間を惜しんでお仕事ですよ!!もうこうなったら小渕少子化大臣は超党派の少子化永久大臣として生みまくって貰いたいものです。

※それはそうと、お父さんの小渕さんが作った二千円札はどこに行ったんでしょう?まったくお目にかかれませんね。
posted by すかんぴんプロジェクト at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

チェンジ!!

出町です。

先日、人間ドックの検診で腹囲がメタボ領域88cmと測られました。(85cm以上がメタボ領域のようです。)
そんでもって内臓脂肪もこってりだった為、医師の問診でイエローカードを頂きました。
更にその医師は、「出町さんは、僕と同じ歳(38歳)ですね。う〜んこの数値から見るとあなたは明らかに運動不足で肥満化してますね。僕なんてしっかり走ってるんでこの通りお腹も出てないです。まぁ、同級生だから言いますけどもっと自分に厳しくしないとシッペ返しが来ますよ。」と言いやがった。
同級生だからのくだりでムカついてついでに医者としての上から目線な台詞にも怒りの導火線に火がつき、「お前をしばいたる」と手がでそうになった。まぁ、大人なんでそんな表現はしなかったんですが、10代なら完全に身体が動いてたね。しかし、それよりもショックなのは週に2、3回も柔術やってメッチャ汗かいてるのに・・・・・肥満化し、運動不足なんて言われてしまいとても悔しかった・・・・。
あああ、どうすればええのか?
確かに、少し食べても直に腹が出るし中々体重は減らないし・・・・何でやろ?代謝が悪すぎるんかなぁ?

という事で、先週から水泳もやり始めました。
かなりしんどかったですが、スタミナアップにも繋がりそうなので頑張って見返します。あの野郎を!!
posted by すかんぴんプロジェクト at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

女医は初体験

出町です。
冬真っ只中の今日この頃皆さん如何お過ごしでしょうか?
ぼか〜あ、ついに風邪に侵されました。
会社にいる凄い人数の風邪ぴきがその原因のようです。
僕の今回の症状は関節痛と倦怠感のような疲労なので家に帰るとそのままベットへバタンです。そして、左目の痙攣も止まりません。

気になるので病院へ。すると担当は若い女医さん。
彼女は「疲労ですね、お熱もあるんで休養してくださいね」と可愛い声で労わってくれました。
ああああ、冷静に考えると若い女医さんと遭遇するのは初体験でした。なんかよかったです、癒される感じです。彼女の雰囲気や態度がよかったのか、心が落ち着きました。
なんか通いたくなりました。
女医はいいですよ。
可愛い女医は・・・・。
posted by すかんぴんプロジェクト at 03:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

ノー!ブラザー!【「恥」めてのおつかい】

あれは兄、長男が小6、次男が小3、僕が小1のころのお話。

そのころ我が家はお盆・正月になると家族でちょっと離れたところにいるおじいちゃんおばあちゃんの家に決まって遊び(2泊3日くらい)にいく習慣を持っていた。

しかしそこはいつもと勝手の違う土地。
家族以外には友達がいるわけではなく、集中力のない子供たち(今があるわけでもないが)は家にいるのが飽きてくる状況が毎度訪れるものだ。

すると普段はつるむことの少ないわれわれ兄弟も
珍しく一緒に行動を共にするのであった。

ちょうどあの日は親からいくらかのお小遣いをもらって、
近所の文具店に買い物(暇つぶし)に行った日だった…

続きを読む
posted by すかんぴんプロジェクト at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノー!ブラザー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

祝ユニコーン復活!!

15年ぶりにしれ〜と復活したようですね。
うれしいなぁ〜。

周りの30代後半40代前半の反応はいいんですが、20代、30代前半の反応はイマイチなのがちと寂しい・・・。
奴ら「あんまり知らないんですよね〜」なんていいよるんです。
時代に色褪せない名曲や迷曲いっぱいあるバンドなんだけどなぁ。

素直に2月に出るアルバム楽しみです。
久々CDを買うぞ!!エヘン!!
間違っても配信ダウンロードなんてしません。
posted by すかんぴんプロジェクト at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

最近観た映画達@

「ブタのいた教室」

【出演者】
妻夫木聡  大杉漣  田畑智子  戸田菜穂  原田美枝子
【監督】前田哲 【原作】黒田恭史【脚本】小林弘利     

あらすじ: 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する。校長先生(原田美枝子)にも相談し、卒業までの1年間26人の生徒が子ブタの面倒を交代でみることになる。最初は戸惑っていた子どもたちも、“Pちゃん”と名付けた子ブタを次第にかわいがるようになり……。(シネマトゥデイ)

僕の実家近くの学校で行われた実話で、そのドキュメントも観て映画を観た感想は色々ある。
ここでは、映画としての感想だけにしたい。
まずは、子供達の演技が上手過ぎてシャクに触ったのと映画のテーマ性を考えた時に妻夫木君の演技に深みを感じずがっかりした。
結論としては、劇映画にした時点でポークビィッツであり生姜焼き定食という状態になっていたのではないか?残念。

すかんぴん度・・・★

次回は、「40歳問題」

posted by すかんぴんプロジェクト at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | すかんぴん映画のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ボコってはいけません。

出町柳です。

年末年始、同世代の格闘技家がぐったりしてる姿にとてもがっかり。
やっぱり、打撃って怖いですね。
桜庭(39)吉田(39)ってもうボロボロ感満載だし、その二人をボコボコにしてボロボロにした張本人のヴァンダレイシウバ君(31)もアメリカで勝ち星に恵まれず、日本で2回もボコッたジャクソン君に失神させられ、ここ最近5戦で4敗とまったく振るわない結果。
更にあの柔術マジシャンのノゲイラもKO負けって・・・。
打撃の蓄積疲労ってマジに怖いです。

年末、キン肉万太郎がボブサップにボコられてましたがいろんな意味で可愛そうでした。(あと、入場以外ではまったく姿が見えなくなったミート君も・・・。)

そんなこんなで皆さん打撃には気をつけましょう。




posted by すかんぴんプロジェクト at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

あけましておめでとうございます。

2009年になりました。
100年に1度の大恐慌という不況はまだ続くようです。
なんだか暗い話が多いですが、我慢しながらコツコツと
目標を定めてがんばります。
すかんぴんプロジェクトとしては、今年は何も宣言しません。
何にもしないかもしれないし、何か少しするかもしれません。

今年もよろしくお願いします。
posted by すかんぴんプロジェクト at 04:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

面白い人はいる。

「M−1グランプリ2008」決勝戦の視聴率が関西地区で35・0%、関東地区で23・7%だったそうです。
スター主演のドラマや巨人戦でも20%取れないご時勢で凄い数字です。お笑いは不況に強いんですね。

いや〜お笑いって漫才や漫談やコントと幅広くありますが、どのジャンルでもその場を自分の世界に引きずり込む力があるかないかですよね。この間、初めて「西口プロレス」なるお笑いプロレスを観る機会があったんですが、面白かったです。(かつてプロレスに熱狂していた自分としては、こんなにも割り切って楽しめることに一抹の寂しさも感じるんですが、もう大人なんだという事で・・・・。)
アントニオ小猪木、その他大勢のキャストで一際目を引いたのは、レフリーのポーク林でした。彼は凄い兎に角世界を作れます。彼の容姿は、その名の通りのおデブ。オールバックで童顔。観客から「ポーク」と言われれば必ず決めの顔を作って振り返ります。
そんなちょっとした事なのに目茶目茶面白いんです。
もう四方八方から「ポーク」「ポーク」の掛け声連発。
いや〜面白い「ポーク林」シンプル・イズ・ザ・ベストです。

そして、気付きましたなんでそんなに面白かったのかを。

僕の中では「ポーク林=藤山寛美」だったのです。

かの松竹新喜劇のスーパースター「藤山寛美」
アホの役させたら天下一品。
「ポーク林」が振り返るその顔はまさに「アホ役の藤山寛美」とそっくりだったんです。いや〜いるんですね面白い人は。

お笑い好きの皆さん、「ポーク林」は押えておくべきです。


posted by すかんぴんプロジェクト at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

「ルッコラー博士」は合格したのか? 宇宙飛行士採用試験第二次選抜結果発表!!

皆様、「日本人宇宙飛行士採用試験 第二次選抜」


の「ルッコラー博士」の結果発表です。

結論から申しますと選抜された10名には残れませんでした。

う〜ん、厳しい、残念です。

当然、なぜ落ちたのかなんて理由はわかりません。

しかし、ジャクサ関係者、面接担当の宇宙飛行士向井千秋さんにはルッコラー博士の存在は示せたはずです。

なぜなら、彼が「ルッコラー博士」だからです。

「ルッコラー博士」が宇宙飛行士になるべき可能性は、今回選抜された10名と比べても遜色はないはずです。

ではなぜ選ばれなかったのか?

そんな事は俺にはわかりません、分る筈もありません。

でも、「ルッコラー博士」は宇宙を諦めないでしょう。

彼は、子供の頃から空に関わる事に興味を持ち続けてきたから。

ということで、今回の「ルッコラー博士、宇宙へ!!」のプロジェクトは終わりました。

ルッコラー博士は、「次回の募集があったら、またチャレンジする」と宣言してました。

※悔しかったのか、助手のパンダのささじろーは笹の葉を自棄食いしてました。


思い出します、25年前に一緒に観た映画「ライトスタッフ」。

その映画を現実に置き換えてチャレンジした「ルッコラー博士」。

そうなのです、「ルッコラー博士」の宇宙飛行士(ライトスタッフ)物語はまだ終わってないのです。

数年後、彼が今回以上の思いで「ライトスタッフ」にチャレンジする日までは・・・・・。



出町柳コースケ
posted by すかんぴんプロジェクト at 03:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

メタボのタイソ〜ン!!

 プロボクシングの元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(42=米国)が現役当時の筋骨隆々の体から「メタボのおっさん」に変ぼうしたらしい。
 ちなみに、去年LAのイタリアンレストランで偶然に遭遇して握手してもらった時は、「メタボのおっさん」ではなかったのに・・・・。
一年間でこんなに肥るなんて今後も巨大化しそうですな。
寂しい話だ。

「メタボなタイソン」↓

http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20081216-440613.html
posted by すかんぴんプロジェクト at 14:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

都会(=東京)は怖い

出町です。
都会(=東京)は怖いです。
昨夜の帰宅途中、渋谷を通過していると2人の若い警官から職質を受け持ち物検査をされました。
ありえないです。こんなにも善良な市民は他にいないのにムカつきました。思わず「俺を誰やとおもっとんねん!!」と言いたくもなりましたが、残念ながら誰でもないので諦めました。

都会(=東京)は怖いです。
職質されたショックからか、大阪人のマクド「餃子の王将」で天津飯と餃子でも食べて帰ろうと渋谷店へ行くとナントビックリ20人くらいの行列が出来てました。ありえへん。”なんで王将で行列やねん”と真剣にムカつきました。行列にならんでまで天津飯と餃子をたべたくないので帰りましたが、頭の中では「イガーコウテイソーハンイー」という定員のお決まりの文句が空しく響いてました。

※この間、銀座でチワワくらいの大きさのネズミに遭遇しましたがメチャ怖かったです。きっとこんなデカイネズミは都会にしかいないでしょう。

posted by すかんぴんプロジェクト at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

バダハリはバカハリか?

K−1決勝戦

バダハリは、嫌いなレミーを踏ん付けて反則負け。
やっと掴んだ優勝への大事な試合なのに感情優先。
なんなんだバダハリって?

僕の柔術の先生は
「勝てないと思ったからやったんですよ。」
僕のキックと総合の先生は
「まさにバカハリですね。ガキです。」

とおっしゃってました。

大人の僕は、日常生活でいろんな関係を考え、我慢して自分を見失うことが多いからかバカハリ君の行動を少し羨ましいと思ってしまいました。
彼は、明日があることを自覚し、自信が溢れているんでしょうね。
バカができる若さって羨ましいなぁ。

posted by すかんぴんプロジェクト at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。