2004年06月01日

小学生の文章

世の中には、誰がきめたわけでもないが、「このシチュエーションにはこの文章」といった、
暗黙のテーゼが存在する。
誰が決めたわけもなく、しかしながらみんなが金科玉条の如く守る、暗黙の文章表現の法則。
そんなありがちな文章法則のオマヌケさに着眼し、それを新しい文芸として評価し、堪能してしまおうというコンセプトのもとに生まれたのが本コーナーである。
文芸春秋もなしえなかった、芥川でも太宰でもない、全く新しい文芸が、今ここに現れる。

前回の風俗記事・官能小説も大好評ですっかり著者もチョーシにのってしまっているこのコーナーであるが、今回はいよいよ小学生の文章である。
小学生の文章は、著者が古くからもっとも注目していた文芸作品の一つである。今日は、著者の出身小学校が世界に誇る文芸作品集「はばたく第一」より、選りすぐりの作品をとりあげ、そのすばらしさを読者のみなさんとともに心ゆくまで堪能することにしよう。

続きを読む
posted by すかんぴんプロジェクト at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハ張本の文芸ヒヒョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

風俗記事・官能小説

世の中には、誰がきめたわけでもないが、「このシチュエーションにはこの文章」といった、
暗黙のテーゼが存在する。
誰が決めたわけもなく、しかしながらみんなが金科玉条の如く守る、暗黙の文章表現の法則。
そんなありがちな文章法則のオマヌケさに着眼し、それを新しい文芸として評価し、堪能してしまおうというコンセプトのもとに生まれたのが本コーナーである。
文芸春秋もなしえなかった、芥川でも太宰でもない、全く新しい文芸が、今ここに現れる。

大好評を博した前回の「外人のインタビュー」に続く、「文芸ヒヒョー」第二回目のテーマは「風俗記事・官能小説」である。
「風俗記事・官能小説」特有の文体の芸術性を読者のみなさんも思う存分満喫してもらいたい。続きを読む
posted by すかんぴんプロジェクト at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハ張本の文芸ヒヒョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月05日

外人のインタビュー

世の中には、誰がきめたわけでもないが、「このシチュエーションにはこの文章」といった、
暗黙のテーゼが存在する。
誰が決めたわけもなく、しかしながらみんなが金科玉条の如く守る、暗黙の文章表現の法則。
そんなありがちな文章法則のオマヌケさに着眼し、それを新しい文芸として評価し、堪能してしまおうというコンセプトのもとに生まれたのが本コーナーである。
文芸春秋もなしえなかった、芥川でも太宰でもない、全く新しい文芸が、今ここに現れる。

続きを読む
posted by すかんぴんプロジェクト at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | バッハ張本の文芸ヒヒョー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。