2005年10月02日

すかんぴんの宝庫。愛・地球博 Vol.4

アフリカ共同館。
太鼓をたたいたり、踊り狂ったり
にぎやかなパビリオンだ。
アフリカの大自然と、動物を全面に出した
地球博らしい展示である。

特に目を引いたのが、エチオピア館の「ルーシー」。
エチオピアで発見された、350万年前の、最も古くそしてほぼ完全な形を止めている人骨。
それが ルーシー。

トヨタ館のロボットや、JR東海館のリニアモーターカーなど
テクノロジーの英知を謳った人気パビリオンとは一線を画し、
地味ではあるが、人類の起源である人骨を横たえ、
さりげなく、しかし、力強くその存在をアピールしている。その案内の看板がコレ。


lucy.JPG


「エビスあります」・・・みたいな。
「冷やし中華はじめました」・・・みたいな。
posted by すかんぴんプロジェクト at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルッコラー博士のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7578338

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。