2005年09月16日

サヨナラからはじまることがたくさんあるんだよ。

こんちは、MACOです。
さてさて、15日の記事に書いてあった『サヨナラCOLOR』ですが、
僕はまだ見てません。何か混んでるらしいし。
感想を聞くと見ないほうがいいのかな・・・
がっかりするのもイヤだし。

でもこの題名ともなった『サヨナラCOLOR』。
こちらは名曲です。
僕はこの歌を作ったスーパーバタードッグ(現在活動停止中)のボーカル、
永積タカシのソロプロジェクト、ハナレグミのファンであったりします。

↓(以下無駄話)ちなみにその「サヨナラCOLOR]の歌詞は

自分をつらぬくことは
とても勇気がいるよ
だれも一人ボッチには
なりたくはないから

でも 君はそれでいいの?
夢の続きはどうしたの?
僕を忘れても いいけど
自分はもう はなさないで

サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ

本当のことが 見えてるなら
その思いを 捨てないで

といったような歌詞です。
ギターも練習しちゃいました。
最近も結構聞いてたりするのですが、
夏も過ぎ去り、夏は嫌いな僕ですが一つの季節が終わったんですねぇ
と特有の寂しさがある今の時期に結構染みますね。

でも何ていうかこう「サヨナラしたぞ!」といったような
意気込みを伴った「サヨナラ」は人生でどれだけあるんでしょうね。
僕は基本的に過去や現在よりも未来のほうが何となく楽しくなりそう、
と(まあ実際そうであったり)楽観的なオプティミスト君ですので
数えるほどしか経験してない(気付いてない)ような気がします。片手も埋まらないかも。
でも年を重ねるごと出会いの数よりも別れの回数も増え、
ただ別れることに慣れてきてしまう、そんな哀しい一面もあるんですよね。
もちろん重さという面ではコアな別れがもちろんあってそれの重さは若い頃とは比にならないような気もします。
知識や経験が蓄積されてるだけに(されてんのか俺は・・・?)なまじ先がわかってしまい、
「あぁもうこの人とは会わないんだろうな」とか「あともどりはできないんだろうな」とか
もちろん死別などは言わずもがな。

でも最近思うのがだんだん「生み出したい!」っていう欲求というかそういうのが逆に高まってきてるのかなとも。
生み出すことの喜びが何よりもうれしく素晴しいものだと。
仕事(僕には今のところ見当たりませんが)でも趣味でも子供とかもそうなのかもしれませんね。
自主映画とかもそうですね、喜びですよ。

これからも「サヨナラ」の回数も増えてくるんだと思いますけど
どんどんどんどん生み出すほうの欲望丸出しに頑張っていきましょうかね!

と、こんな季節の変わり目ということでよく分からないことを書いてしまいました。
季節の変わり目はオカシイ人が増えるといいますからね。そのカテゴリということでお許しを。

※ちなみにその「ハナレグミ」ですが、
9月24日に都内の公園でフリーライヴ(無料!)やりますよ!
僕は行きます!サヨナラCOLORは間違いなく歌うと思いますんで、生で。
いい声してんだよな〜。顔は良くないけど。

サヨナラCOLOR/明日へゆけ(DVD付)


posted by すかんぴんプロジェクト at 13:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | MACOのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Polaris+クラムボン+ハナレグミ
Excerpt: 奇跡のユニット誕生! 先日ベスト・アルバム『hana-uta』をリリースしたばかりのハナレグミ。この度、クラムボンの原田郁子、Polarisのオオヤユウスケが加わって新ユニット“ohana(オハナ)”..
Weblog: 新譜CD&CVD情報
Tracked: 2005-09-29 14:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。