2005年08月19日

『≠』なような『≒』なような・・・

こんにちはMACOです。
今日はすこぶる二日酔いです。

今日は会社の先輩が言っていた嘘のようなホントの話をご紹介。

一昔前『クイズ100人に聞きました』というTV番組があったと思います。
家族単位で出演し、あるお題に関して相手家族と交互に回答をおこなっていく番組です。
そしてその先輩が小学生の頃だったらしいのですが、
クラスの同級生家族がその番組に出演することになったそうです。

そしてONAIR日。
お題は『丼といえば何?』
次々と回答していく2家族。
「カツ丼!!」
チャーラーラーラーラーラッ♪
ピロピロリロン♪

そしてある程度回答も出揃い始めたころ、
その同級生のお母さんの番に
司会の関口宏、
『さあ、おかあさん、丼といえば何?』
お母さんが考える答えはほぼ出揃っていたため、回答に窮するお母さん。
『う〜・・・』
『さあお母さん?!』
煽る宏。

『う、う、う丼!!!!』

ブブブブブーーーー♪

素っ頓狂な回答に困惑する宏。
そのままスルーして次の回答者へ。

そしてその同級生は放送翌日から
『うどん』
というありがたくないあだ名を付けられたとさ。

そんな嘘のようなホントの話。


posted by すかんぴんプロジェクト at 13:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MACOのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。