2005年07月22日

こんにちはMACOです。
自慢じゃないですけど僕は映画などを観て泣いたことがありません。
感動とか切ない思いとかはしてるはずなんですけど、それが涙という形となってあらわれることはありません。
もう10年くらい泣いてないかも知れません。
確かに人には「冷たい」「目が冷ややか」と言われることは多々あり、
肉親からも「アイスマン」というわけの分からない称号を得ております。
まあ親は僕の兄に対する態度などを見られているので仕方ないですけど。
その態度が間違ってるとも思えないし。

そんな僕ですがこの間ホントに久しぶりに頬を伝うものを感じることがありました。

何で涙を流したかというと、
リリー・フランキー著『東京タワー』を読んでです。

この本はリリー・フランキーが生まれてから今までの「オカン」との生活に関して綴ったもので、
「オカン」と呼ばれる母親と息子の生活が赤裸々にそして面白おかしく、それでいて切なく描写されております。
あまり言ってしまうとこれから読むかもしれない人に対してネタバレになってしまうので詳しくは言いませんが、
母親の偉大さや優しさ、男子に及ぼす母親の影響力を感じさせるものなのです。
何となく息子ってみんな「マザコン」的な要素を誰でも持ってるのでしょうが、
リリー・フランキーは包み隠さずいいところから悪いところまで語っております。
恥ずかしいことではなく、誰もがもつ母親への愛情として。

きましたね、これは。おすすめです。
リリー・フランキーは今までもかなり好きだったのですが、これでさらに一層好きになりました。
この人はバカを言うにしても何するにしてもすべてありのまま、等身大でものを語ります。
人が言いにくいことも、タブーとされつつある事柄に対しても飾ることなく卑下することもなく素直にものを言います。
非常に共感を得た次第です。

ちなみに僕は出張時の電車の中、「どうせ泣かないよ、俺は」とタカをくくってガラガラの常磐線の車中で読んだんですが、
あっさり持っていかれました。
最後が近づくにつれて雪崩のように感情が襲ってくる、そんな感じです。

みなさんこれは必読です。
是非是非。


posted by すかんぴんプロジェクト at 11:41| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(10) | MACOのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
 ボクはブログにも書いたのですが、リリーフランキー氏を見もせずに「苦手」としていたのですね。
 もったいないことをしていました。
 僕も仕事途中の営業車の中で泣きました。
 多くの人に読んで欲しい作品ですね。
 
Posted by なにがし at 2005年10月09日 20:41
大変遅くなってしまいましたが、トラックバックありがとうございます!
リリーさんのあの物悲しさが何でできてるか、わかる本ですよね。息子を持つ母として読んでもかなりぐっときましたよー。
Posted by はらぐろぱんだ at 2005年10月17日 00:31
TBありがとうございやす。

昨日はリリー氏の「美女と野球」の文庫を山手線で読了。車内で「んふふふ…」と笑ってしまって、周囲の人の表情に異物を感知した緊張が走ったので慌てて寝たふりをしました。ごめんごめん。

いやー、シモネタも面白いんですよね〜。
95年のスタジオボイスのコラムの内容が個人的に強烈で雑誌掲載当初から現在まで10年に渡って記憶に残っていた事実。くだらないことほど忘れないもので。大切なことはいろいろ忘れてるだろうに。
Posted by れいこむ at 2005年11月03日 12:28
TBありがとうございます。私も絶対に電車の中では読まない方がいいと、友達に言われましたが、たかをくくっていました。つたうどころか流れるように涙が溢れ、とうとう途中下車してしまいました。この本に出会ってから、小説が読めなくなりました。実話というのはすごいと実感した一冊です。
Posted by mana at 2005年11月08日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[本]「東京タワー ??オカンとボクと、時々、オトン??」レビュー
Excerpt: [本]「東京タワー ??オカンとボクと、時々、オトン??」(リリー・フランキー)に
Weblog: レビュートラックバックセンター
Tracked: 2005-09-27 02:25

「東京タワー ??オカンとボクと時々オトン??」
Excerpt: リリー・フランキー氏の作品。これは泣けるらしい、期待大♪”東京タワー”は大好き。行こう!って行くのではなくブラっと行く、そんな東京タワーがいいな。夜の景色は最高です。東京って・・・綺麗。あと、なんか切..
Weblog: 主婦の秘め事
Tracked: 2005-09-27 09:59

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 笑っちゃって泣けちゃって…
Excerpt: 東京タワー リリー・フランキー著 扶桑社 (2005.6) オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る それはまるで、独楽の芯の..
Weblog: 月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ
Tracked: 2005-09-28 03:16

いつか自分にも起こること
Excerpt: 『東京タワー』 リリー・フランキー 著 やっぱり結婚はするべきなのか? というのが、この本を読んで一番最初に思ったこと。 もし自分の親が亡くなったらひとりで耐える自信がないから、 というの..
Weblog: 覚え書き
Tracked: 2005-10-25 23:10

東京タワー
Excerpt: 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~扶桑社   リリー・フランキーこのアイテムの詳細を見る リリー・フランキー、彼のイメージがだいぶ変わった。今まで彼が書いてきたものとは全く..
Weblog: 私のヒトリゴト
Tracked: 2005-11-03 17:56

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
Excerpt:  泣いた。ページをめくる度に涙が自ずとこぼれてきた。しばらくの間泣いていた。書かれているのはリリーさんの「オカン」だが僕は自分の「お母さん」とオーバラップさせていた。リリーさんの「オカン」の事で泣いて..
Weblog: 自身を語る
Tracked: 2005-11-05 10:55

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
Excerpt: あいあい。どもども。みなさまいかがお過ごし? ところで、みなさま最近ハマってる事...
Weblog: アメリカデザイン日記 ver2.0 typeMT
Tracked: 2006-02-10 16:06

東京タワー リリー・フランキー
Excerpt: 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー おすすめ平均 読んでよかった!いつか私も経験することアマゾンのカスタマーレビューを見て買いました。ゴミ箱いっぱいオカンになりたいと思った..
Weblog: ブログ ド ガジュマル 
Tracked: 2006-03-27 01:31

「東京タワー」電車の中で涙がこぼれた
Excerpt: 「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」★★★★ リリー・フランキー著 泣ける本としてベストセラーリストに乗っているのを見て、 本は本屋で自分の勘で買いたいので なんだか敬遠していた..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-04-28 19:09

リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】
Excerpt: たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところに..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-11-03 14:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。