2005年07月21日

バカ田大学入学予定だった頃の話@


 僕は子供の頃、人はなぜ禿げるのだろう?と必死に考えていたことがある。
う〜んう〜んと無い知恵を絞って絞って考えた挙句にある結論(仮説)に到達した。その結論とは、昔の人はちょんまげ頭で毛を剃っていたからその頃の遺伝子が残って子孫である現在人の僕らが禿げてしまうようになったんだ!!これは間違いない!!とすごい発明をしたかのように興奮していた。(俺って天才!!と思っていたある意味幸せな子供だった。)
 僕は、この今から思えばアホな仮説をある時期まで確信を持って友達に吹いていた。(みんな真剣に聞いてなかったのだろう!!誰も何にも異議をとなえなかった・・・・)
だが、ある奴が「ごっちゃん(僕のあだ名)が言うように日本人はそうかも知れへんけど、外人の禿げはなんでなん?」とアイスキャンディーを食いながら素朴な瞳で聞いてきた。
その時、僕の頭の中はそいつが頬張っていたアイスキャンディーより冷たく凍り、天才と自画自賛していた僕の天才的仮説は音をたてて崩れ去った。
「なんで外人は禿げるんやろ?なんかむかつくわ!!・・・・・・・。」
所詮、夏休みの宿題を最後の1週間で適当にやる子供の考えることでした。

ところで、なんで人間って禿げるんでしょうね?
僕も生え際がM字になってきて怖いんです将来が・・・・・。
posted by すかんぴんプロジェクト at 11:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 無脊椎の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。