2005年05月31日

ノー!ブラザー【部活編A】

「KAZUの子たちは皆踊る」 【村上春ま樹】

あれは兄が高3、僕が高1のころのお話。
我々は高校生になっても同じ学校(ヤツは商業科、僕は普通科というおつむの程度の違いはあるのだが)、そして同じサッカー部に所属していた。
先輩後輩の関係というわけである。
そして相変わらず思うのだが、その素顔はさらに馬鹿なヤツになっていたりするのだ。
年々馬鹿さ加減に拍車がかかる、ライクアローリングストーン馬鹿。




当時サッカー部の一年生といえば、中学生のような軍隊的なことをやらされることは少なくなっており、試合となれば各々スタンドで観戦し、ハーフタイムには監督がどのような指示を送るかに聞き耳を立てる、そんなことを行なっていた。まあ簡単に言うと暇なのだが。

そして僕の兄といえば一応1年生からレギュラーだったにもかかわらず、何故か最上級生となった暁に補欠に降格という訳の分らないちょっとした波乱万丈の部活生活であった。
本人曰く『俺のプレーは試合の流れを変えられるからな!』と「スーパーサブ」という概念もない時代にもかかわらず、前向きな姿勢をとっていたが。

確かこの年、日本サッカー界は『ドーハの悲劇』、そして『Jリーグ開幕』という日本という国におけるサッカーというスポーツの認知に一役買うには十分な出来事が起こっていた時である。カズ、ラモス、ジーコ、そうそうたるメンバーがJリーグで活躍し、今までサッカーに興味もなかったような国民をも夢中にさせる、そんなよき時代でもあった。

そしてある試合、自称スーパーサブである兄が後半途中から出場。
それまで先輩の試合なんぞに興味のなかった我々一年生も
『おい!でたぞ!!きたぞ!!兄ちゃん!!」
と何故か含み笑いをしつつ(まあそんな感じのキャラだったんすね)試合に目を移す。

登場するや否や、遅れてきたヒーローか!?といわんばかりの大股でゆっくりとフィールドに入る。
(・・・つーか、早く自分のポジションに入れよ!!!)

と我々一年生すべて、いや、試合に出てた先輩たちもそう思ったに違いない。

そして試合再開後数分が経過した。

さらに奇蹟でも起こったのか、何と兄のシュートが相手ゴールに突き刺さる!!!
『おぉ!!!!!』
誰もがウチの兄を見直したその瞬間、

『ウッヒョーーーー!!!!』

ガッツポーズを繰り返し走り回りフィールド外に出て、
何を思ったのか、

カズダンスをはじめたんですよ!!!!!!!

両手をブンブン回し、
腰をクネクネ、
足をクロスクロス。

フィールド内の仲間は誰も同調せず、
スタンド観戦の一年生には大爆笑が起き、
血の繋がっているであろう弟(僕)はひたすら下を向くことしかできなかった。

ただ泣きたかった・・・
ただ甘えたかった・・・
ただ誰かを傷つけたかった・・・

前略、兄上。
一つだけ聞きたい。
キミは小学生の頃からサッカー一筋だっただろう?
なぜ今更そんなブームに乗ってしまった素人みたいな喜び方をしてしまうのだ・・・?!!!

その夜、初めてお酒を飲みました・・・






posted by すかんぴんプロジェクト at 18:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ノー!ブラザー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。