2005年01月07日

ノー!ブラザー!【正月編】

今年は珍しく正月に実家に帰った。
といっても一泊しかせず、たらふく食ってしこたま飲んで寝て帰るといった
「山賊」のような帰省であった。

2日に帰って3日にもどるというスケジュールだったのだが、
実家に着くやいなや、兄がいた。

聞くところによると、29日に帰ってきて3日に戻るということらしい。
長期滞在だ。
いい大人が正月休みをまるまる実家で過ごすということで考えられることは、
1.よっぽどの孝行息子
2.古風に正月=実家と考えている
3.東京にいてもヒマ(=友達がいない)
のいずれかであると思うのだが、正解は言わないことにしよう。

そして夜、
家族でしゃぶしゃぶを囲み一家団欒。
そこで兄、
「お前毎日お酒飲んでんの?」
「うん、まあ。」
「どれくらい?」
「ビール2本くらいかな」
「あんまり飲んでねえな。俺ならこのくらいの焼酎の瓶なら2日で空けてるぜ」
と自ら持参した芋焼酎を手に豪語する。

「ふ、ふ〜ん・・・」

何だ、この「お酒覚えたての高校生」みたいな言い草は・・・
何張り合ってんだこのバカは、と思いつつ面倒くさいので鍋をつつく。

そしてお酒も入り気分良く就寝。

翌日。
朝(昼とも言う)起きて朝ごはん(昼ごはんとも言う)を食べに行くと
そこにはこの上なくテンションの低い兄の姿。明らかに機嫌が悪そうだ。
母が登場し「大丈夫?どの辺が痛いの?」
兄「いや、何か首の上あたりの後頭部がガンガン・・・」
母「風邪かしら?薬、飲んだほうがいいね。持ってくるよ。」
兄「うん多分風邪だ・・・悪いね」

でも僕だけは気付いていた、

「(それって絶対二日酔いだから!!!!)」

調子に乗って飲みすぎたんだよ、バカめ。

そして僕の視線の片隅には前日2日で空けると言っていた焼酎の瓶の中身が、3分の2は残っているのを捉えていた。


posted by すかんぴんプロジェクト at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ノー!ブラザー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。