2006年05月27日

「嫌われ松子の一生」か・・・・

松子2.jpg

『 嫌われ松子の一生  』  

2005年:日本  
監 督:中島哲也
脚 本:中島哲也
原 作:山田宗樹


■キャスト
中谷美紀
瑛太
伊勢谷友介
香川照之
市川実日子
黒沢あすか
柄本明
その他大勢

◆川尻松子(かわじりまつこ)・・・中谷美紀

昭和22年(00歳)川尻家の長女として福岡県に生まれる。
昭和28年(05歳)幸せを夢見る明るい子供時代を過ごす。
昭和46年(23歳)担任を務める中学校で窃盗事件。教師を辞職。
昭和46年(23歳)作家志望の八女川と同棲。暴力にあう。
昭和46年(23歳)八女川、踏切自殺。
昭和47年(24歳)八女川の友人、岡野と不倫。妻にばれて破局。
昭和48年(25歳)中洲のソープ嬢になり、店のトップに。
昭和49年(26歳)同棲中のヒモ、小野寺に裏切られ殺害。自殺未遂。
昭和49年(26歳)上京。理髪店の島津と同棲中に逮捕される。
昭和49年 〜  府中刑務所に服役。8年後に出所。
昭和58年(36歳)教え子、ヤクザの龍と再開。同棲。
昭和59年(36歳)龍、逮捕され刑務所へ。
昭和63年(40歳)出所した龍と再会。龍、再び逮捕され服役。
平成元年 〜  一人暮らしの引きこもり生活。
平成13年(53歳)荒川の河川敷にて、死体で発見される。

■感想

主役の松子を演じた中谷美紀を前々からヤバイ女優だと思っていたが
この映画を観て確信できた。やっぱりヤバイ女優であった。
そして、彼女以外では成立してないと思える程の当たり役だった。

一人は寂しい。
一人は切ない。
「この満たされない思いは、誰がにすがる事で解決できる。」

そう信じて、愛されることを夢見ることをやめなかった松子の破天荒な人生。

中島監督が華麗な美術と音楽、CGとアニメを織り交ぜファンタジーな世界を作りあげてます。

なかなか深いぜこの話。

なかなか切ないぜこの話。




posted by すかんぴんプロジェクト at 02:33| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | すかんぴん映画のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
Posted by 日本インターネット映画大賞スタッフ at 2007年01月07日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-07-01 14:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。