2008年12月22日

面白い人はいる。

「M−1グランプリ2008」決勝戦の視聴率が関西地区で35・0%、関東地区で23・7%だったそうです。
スター主演のドラマや巨人戦でも20%取れないご時勢で凄い数字です。お笑いは不況に強いんですね。

いや〜お笑いって漫才や漫談やコントと幅広くありますが、どのジャンルでもその場を自分の世界に引きずり込む力があるかないかですよね。この間、初めて「西口プロレス」なるお笑いプロレスを観る機会があったんですが、面白かったです。(かつてプロレスに熱狂していた自分としては、こんなにも割り切って楽しめることに一抹の寂しさも感じるんですが、もう大人なんだという事で・・・・。)
アントニオ小猪木、その他大勢のキャストで一際目を引いたのは、レフリーのポーク林でした。彼は凄い兎に角世界を作れます。彼の容姿は、その名の通りのおデブ。オールバックで童顔。観客から「ポーク」と言われれば必ず決めの顔を作って振り返ります。
そんなちょっとした事なのに目茶目茶面白いんです。
もう四方八方から「ポーク」「ポーク」の掛け声連発。
いや〜面白い「ポーク林」シンプル・イズ・ザ・ベストです。

そして、気付きましたなんでそんなに面白かったのかを。

僕の中では「ポーク林=藤山寛美」だったのです。

かの松竹新喜劇のスーパースター「藤山寛美」
アホの役させたら天下一品。
「ポーク林」が振り返るその顔はまさに「アホ役の藤山寛美」とそっくりだったんです。いや〜いるんですね面白い人は。

お笑い好きの皆さん、「ポーク林」は押えておくべきです。


posted by すかんぴんプロジェクト at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

「ルッコラー博士」は合格したのか? 宇宙飛行士採用試験第二次選抜結果発表!!

皆様、「日本人宇宙飛行士採用試験 第二次選抜」


の「ルッコラー博士」の結果発表です。

結論から申しますと選抜された10名には残れませんでした。

う〜ん、厳しい、残念です。

当然、なぜ落ちたのかなんて理由はわかりません。

しかし、ジャクサ関係者、面接担当の宇宙飛行士向井千秋さんにはルッコラー博士の存在は示せたはずです。

なぜなら、彼が「ルッコラー博士」だからです。

「ルッコラー博士」が宇宙飛行士になるべき可能性は、今回選抜された10名と比べても遜色はないはずです。

ではなぜ選ばれなかったのか?

そんな事は俺にはわかりません、分る筈もありません。

でも、「ルッコラー博士」は宇宙を諦めないでしょう。

彼は、子供の頃から空に関わる事に興味を持ち続けてきたから。

ということで、今回の「ルッコラー博士、宇宙へ!!」のプロジェクトは終わりました。

ルッコラー博士は、「次回の募集があったら、またチャレンジする」と宣言してました。

※悔しかったのか、助手のパンダのささじろーは笹の葉を自棄食いしてました。


思い出します、25年前に一緒に観た映画「ライトスタッフ」。

その映画を現実に置き換えてチャレンジした「ルッコラー博士」。

そうなのです、「ルッコラー博士」の宇宙飛行士(ライトスタッフ)物語はまだ終わってないのです。

数年後、彼が今回以上の思いで「ライトスタッフ」にチャレンジする日までは・・・・・。



出町柳コースケ
posted by すかんぴんプロジェクト at 03:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

メタボのタイソ〜ン!!

 プロボクシングの元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(42=米国)が現役当時の筋骨隆々の体から「メタボのおっさん」に変ぼうしたらしい。
 ちなみに、去年LAのイタリアンレストランで偶然に遭遇して握手してもらった時は、「メタボのおっさん」ではなかったのに・・・・。
一年間でこんなに肥るなんて今後も巨大化しそうですな。
寂しい話だ。

「メタボなタイソン」↓

http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20081216-440613.html
posted by すかんぴんプロジェクト at 14:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

都会(=東京)は怖い

出町です。
都会(=東京)は怖いです。
昨夜の帰宅途中、渋谷を通過していると2人の若い警官から職質を受け持ち物検査をされました。
ありえないです。こんなにも善良な市民は他にいないのにムカつきました。思わず「俺を誰やとおもっとんねん!!」と言いたくもなりましたが、残念ながら誰でもないので諦めました。

都会(=東京)は怖いです。
職質されたショックからか、大阪人のマクド「餃子の王将」で天津飯と餃子でも食べて帰ろうと渋谷店へ行くとナントビックリ20人くらいの行列が出来てました。ありえへん。”なんで王将で行列やねん”と真剣にムカつきました。行列にならんでまで天津飯と餃子をたべたくないので帰りましたが、頭の中では「イガーコウテイソーハンイー」という定員のお決まりの文句が空しく響いてました。

※この間、銀座でチワワくらいの大きさのネズミに遭遇しましたがメチャ怖かったです。きっとこんなデカイネズミは都会にしかいないでしょう。

posted by すかんぴんプロジェクト at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

バダハリはバカハリか?

K−1決勝戦

バダハリは、嫌いなレミーを踏ん付けて反則負け。
やっと掴んだ優勝への大事な試合なのに感情優先。
なんなんだバダハリって?

僕の柔術の先生は
「勝てないと思ったからやったんですよ。」
僕のキックと総合の先生は
「まさにバカハリですね。ガキです。」

とおっしゃってました。

大人の僕は、日常生活でいろんな関係を考え、我慢して自分を見失うことが多いからかバカハリ君の行動を少し羨ましいと思ってしまいました。
彼は、明日があることを自覚し、自信が溢れているんでしょうね。
バカができる若さって羨ましいなぁ。

posted by すかんぴんプロジェクト at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。