2007年05月24日

カンヌで@

出町柳コースケです。

え〜ちょっとカンヌに行ってました。
仕事で行ってたんで、全然楽しくなかったです。
でも、ディカプリオやキムタク、香取君と道ですれ違かったり、ジムジャームッシュやウォンカーワイがそこらへんでお茶してたりとすっかりおのぼりさん気分も満喫しました。

さて、松本人志監督映画『大日本人』観てきました。

カンヌでの上演前にはホテルのバルコニーで楽しそうに誰かと話していたまっちゃんを発見しこっちのテンションも勝手にUP。

しかし、上映会場の松っちゃんは先ほどとは一転しかなり緊張していた様子でした。まぁ、仕方ないです、まな板の鯉でしたから。
すごいんですよその会場。
観客と一緒に上映作品観るんですから・・・。
しかもカンヌに集まる映画関係者はバイヤーもいれば評論家もマスコミもいるから評価は手厳しいんです。
上映中何度か笑いは起こりましたが、かなりの数の人が途中で出て行ったのも事実です。
日本での報道は3割増しで絶賛と書いてましたね。
現実は現地で発行されているデイリーの映画誌では批評すら見当たりませんでしたが・・・。現実は厳しいんですよ。だって今までの松っちゃんの面白さの基礎知識が外人にはないもんね。

さて、この映画についての感想はあえて書きません。
書きたいんですが、楽しみにしている人も多いと思うのでやめておきますが、「笑い」という観点だけで言えば「ごっついええ感じ」のコントの方が100倍面白いです。

え、観る気なくなった?
いや興味ある人は是非に劇場で観てください。

 


posted by すかんぴんプロジェクト at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。