2006年08月06日

桜庭の勝利と夏の腹痛

出町柳コースケです。

暑いです。まずいです。猛暑は特に・・・老体にはこたえます。

さて、世間は夏休みの子供やヤング達で溢れているのに出町柳コースケ叔父さんは休みなしで8日間仕事続きでぐったりです。

さらにこの猛暑がきつい。

え〜昨日は、昼間に某所で行なわれた人気タレント達のイベントの立会いという仕事。そこで憧れのタレントと直に触れ合うファンの熱狂を目の当たりにし、祭感を体感。

夏はやっぱり祭が必要やね。

祭の立会いはキリのいいところで退散し、お取引先にご招待頂いた桜庭和志移籍第一弾の大会「HERO’S2006〜ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝〜」を観戦しに有明コロシアムへ。
 結果詳細はテレビで観た人も多いので割愛。
いや〜なんとか勝てた。
ボロボロになっても最後は勝ちを拾った桜庭の千両役者ぶりに脱帽。
中田ヒデのような生き方とは桜庭の生き方は対照的だが僕は同世代の苦悩を共有できるからその生き方を支持しその背中を見て心の中で涙。

 そして、山本“KID”徳郁、須藤元気の2トップ不在の今大会の主役を立派に勤めた37歳の桜庭とは対照的に僕と同い年36歳で元リングスのエース山本君が40歳のアメリカ人ドンフライに締め落とされて惨敗。
やっぱり怪我や病気からの復活というのは36歳では難しいんだね。

暑い試合の後は、冷たいビールを一杯引っ掛け帰宅。
家でもアイスや冷たい飲み物をダダだと胃袋へ流し込み。
冷房もガンガン。
ああああ、するとお腹が・・・・痛い。
昨日も仕事終わりにビールとか冷たいモノをグビグビしたら
駅近くでお腹が痛くなり、シティホテルのトイレに駆け込みセーフ。

夏は、祭と腹痛が定番なのだ・・・・。


posted by すかんぴんプロジェクト at 01:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 世の中のできごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。